【準備その2】お遍路の出発前に「授戒・お説法」を受けようとしたのですが…

あるお遍路ガイドブックに、「お遍路を始める前には1番札所・霊山寺で『授戒』と『お説法』を受けるといいですよ~。ただし予約制!」と書いてあったので、霊山寺に電話してみたのですが…。

お遍路前の「授戒・お説法」について、霊山寺に問い合わせてみました

電話対応していただいたのは、優しい語り口の女性。授戒とお説法を予約したい旨を伝えると、次のように答えてくれました。

霊山寺・総合案内所の女性
「授戒とお説法は、いちおう予約制で実施してはいるんですが、確実にお約束することができないんですよ。なにせうちはお寺なもんで、いつお葬式とかが入るかもわからないんでねぇ。」

なるほど、確かにおっしゃる通り。続けて、次のように教えてくれました。

霊山寺・総合案内所の女性
「その代わりに、授戒とお説法のときにお話している内容をまとめた冊子をお接待させていただいているんです。よかったら、そちらをご利用くださいね。」

うれしい情報をいただけました^^。後日うかがうことをお伝えし、その日は電話を切ったのです。

「四国遍路 作法とお経の意味」という冊子をいただきました

四国遍路 作法とお経の意味

数日後、霊山寺の総合案内所を訪ねると、(おそらく電話対応していただいた)女性がレジの前に。先に問い合わせたことを伝えると、「四国遍路 作法とお経の意味」という冊子をいただくことができました。

女性は、その冊子を開きながら内容をくわしく説明してくださいました。冊子の主な内容を紹介しておきますね。

  • お遍路の心得
  • お遍路さんの笠に書かれた「智恵の言葉」の意味
  • お釈迦様の教え
  • 般若心経の意味
  • お遍路の作法
  • 十善戒

などなど。初心者にもわかりやすい言葉で書かれているので、とても読みやすいです。これを読むのと読まないのとで、お遍路に出るにあたっての“心構え”が全く違うんだろうなぁと感じました。


「四国遍路 作法とお経の意味」は霊山寺内の「百万人に、お遍路を伝える会」が発行していて、1番札所・霊山寺でしか手に入らないようです。あなたも、お遍路を始める前にぜひご一読くださいね。