弘法大師ゆかりの遍路道を歩くイベント空海の道ウォーク」が、徳島県内で開かれます。毎年600人以上が参加するウォーキングイベントです。

「空海の道ウォーク」とは、どんなイベント?

「空海の道ウォーク」は、2019年5月19日(日)に徳島県内の2ヶ所で実施される、健康増進と日常生活の癒やしを感じてもらうことを目的としたイベントです。県内外を問わず、誰でも参加することができます。「平地コース」との「山道コース」どちらかを選び、事前申し込みをする必要があります。

「空海の道ウォーク」のコース内容

平地コース
第10番札所・切幡寺(阿波市市場町)から第11番札所・藤井寺(吉野川市鴨島町)を経由して、ひまわり農産市鴨島店(同町)でゴール。およそ14kmを歩き、所要時間は約3時間30分(休憩含む)。

山道コース
第11番札所・藤井寺(吉野川市鴨島町)から第12番札所・焼山寺(名西郡神山町)を経由して、鍋岩地区(同町)でゴール。「遍路ころがし」といわれる難所を含むおよそ16kmを歩き、所要時間は約7時間(休憩含む)。

※両コースとも、帰りはバスを利用

「空海の道ウォーク」の詳細情報

開催日 2019年5月19日(日)
集合場所・時間 【平地コース】
第10番札所・切幡寺(阿波市市場町)に午前8時30分
【山道コース】
第11番札所・藤井寺(吉野川市鴨島町)に午前8時
定員 各コースとも500人
参加料 1,500円
申込方法 申込用紙に必要事項を記入のうえ、所定の申込先に送付、または直接提出。
くわしくは、下記ページを参照してください(申込用紙のダウンロードも可能)
【空海をたどるいやしの道ウォーク】開催要領について | 吉野川市